愛猫がモグニャンを食べない!口コミから見えた真実とは?

モグニャンキャットフードを食べない!口コミを検証してみた

モグニャン

 

食いつきが違う!と、口コミでも話題になっている「モグニャンキャットフード」。

 

しかしその一方で、「食べない」と言う口コミも。

 

これからモグニャンの購入を考えている方にとっては気になりますよね?

 

そこでここでは、モグニャンを本当に食べないのか?口コミから見えてきた真実をお伝えします。

 

 

>> モグニャンキャットフードのご購入はこちら

 

モグニャンを食べない!口コミを調べてみた

 

ネットで「モグニャン」と検索すると、こんな言葉が・・・。

 

モグニャン

 

モグニャン 食べない」と言う、気になるキーワードが出てきます。

 

ここにキーワードが出ると言うことは、それだけ検索されている証拠です。

 

食いつきが良い口コミがある一方で、「食べない」なんて口コミがあると「一体、どっちが本当なの?」って、思いますよね?

 

そこで、食べない口コミを調べてみました。

 

モグニャンキャットの悪い口コミ

 

うちの子には合わないかも。

モグニャン

 

我が家の子は生後10ヵ月ですが、エサ食いが悪くモグニャンに変えてみました。

 

穀物フリーとのことでしたが、少ししか食べてくれません。

 

まだ、たくさん残っていますがうちの子には合っていないのかもしれません。

 

年齢:10ヵ月 与えた期間:2週間 評価:モグニャン

食いつきが良くありません。

モグニャン

 

食いつきが良いとの事でこちらのフードを試してみました。

 

確かに最初はバクバクと食べてくれたのですが、半月くらいで食べなくなってしまいました。

 

価格が一般的なフードよりも高いのに、困ってしまいます。

 

年齢:3歳 与えた期間:半月 評価:モグニャン

値段の割には・・・

モグニャン

 

飼い猫の健康のためにと値段は高いのですが、穀物フリーのモグニャンを購入しました。

 

今まで与えていたエサ比べて匂いが強いのか、匂いを嗅いでチョット食べて終了です。

 

商品としては良いのかもしれませんが、リピはなしです。

 

年齢:4歳 与えた期間:1ヵ月 評価:モグニャン

反応があまりよくない。

モグニャン

 

モグニャンキャットフードは、うちの猫にはあまり反応が良くありません。

 

ちょっと食べると完全に飽きます。

 

1日かけて半分の量を何とか食べきる感じです。

 

年齢:5歳 与えた期間:1週間 評価:モグニャン

 

モグニャンの食べない口コミをまとめると

 

  • 初めは食べたけど、次第に食べなくなる
  • 2〜3粒食べて終わり
  • 匂いが強くて食べない

 

このようにモグニャンを与えても、食いつきが悪い口コミがあることは事実です。

 

しかし、そこには飼い主の間違った与え方が原因の可能性が!

 

モグニャンを与える量は?

モグニャン

 

食いつきが悪い口コミを調べてみると、食いつきが良いモグニャンキャットフードとは言え、いきなり全部を切り替えても食べない猫ちゃんがいると言うことです

 

これはキャットフードが悪いのではなく、猫ちゃんも普段食べているフードからいきなり違うフードに切り替えられると戸惑ってしまうんですね。

 

従来のキャットフードからモグニャンに切り替える方法は以下の通りです。

 

従来のフード モグニャン
1日目 75% 25%
2日目 75% 25%
3日目 50% 50%
4日目 50% 50%
5日目 25% 75%
6日目 25% 75%
7日目 0% 100%

 

このように1週間かけて徐々に切り替えていくことによって、子猫や老猫に関係なく自然とモグニャンキャットフードに慣れてくると思います。

 

猫の気持ちも考えよう

モグニャン

 

どんなに食いつきの良いモグニャンキャットフードと言えども、いきなり全部切り替えてしまうと猫ちゃんもびっくりしてしまいます。

 

これを人間の食事で例えるなら、何十年も食べ慣れた主食のご飯を「健康のために今日から野菜メインにします」って、言われているようなものです。

 

「愛猫のために」って、モグニャンを与えても残念ながら飼い主の気持ちは猫ちゃんには伝わりません

 

愛猫の気持ちも考えて、少しずつ慣れさせていく事が大切なんですね。

 

 

 

モグニャンキャットフードって、何がいいの?

 

そもそも、どうしてモグニャンキャットフードは今、ネット通販で人気なのでしょうか?

 

ただ単に「食いつきが良い」って言われても、「それだけ?」って思ったりするのは私だけでしょうか?

 

そこでここでは、モグニャンの原材料や成分についても見ていこうと思います。

 

モグニャンの原材料

 

モグニャン

 

白身魚、ビタミン類、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ、ミネラル類

 

↓成分表

粗たんぱく質 30%
脂質 16%
粗繊維 3.5%
粗灰分 8%
水分 7%
オメガ6 1%
オメガ3 2.1%

 

エネルギー(100gあたり) 約365kcal

 

人間でも食べられるくらいの高品質

 

モグニャンキャットフードに使われている原材料は、新鮮な白身魚(タラ)をたっぷりと使用しています

 

主原料全体の含有量のうち、63%が白身魚なので評価の良かった口コミに多く見られる「食いつきが違う」と言った声は、当たり前なのかもしれませんね。

 

 

猫ちゃんは本来、肉食動物なので魚は大好物なんです。


 

白身魚の良質なたんぱく質は、体のあらゆる器官のエネルギー源になるので元気な体作りには、とても重要になります。

 

穀物フリーでお腹にやさしい

 

上記でもお伝えしましたが、モグニャンの主原料は白身魚です。

 

モグニャン

 

そして、ペットショップやホームセンターで販売されているフードの主原料は「穀物」がメインになっています。

 

モグニャン

 

猫は本来、肉食動物なので穀物を分解する「酵素」をあまり持っていません。

 

と言うことは、一般的な穀物中心のフードだと消化に時間が掛かり猫ちゃんにとっても負担なんです

 

穀物を主原料にすることで「かさ増し」ができるので、その分安く提供できるのが一般的なフードになります。

 

その点、モグニャンキャットフードは穀物を一切使用していないので、お腹に負担をかけません。

 

食物繊維も炭水化物源となるサツマイモを使用することで、便通を促し健康をサポートしてくれます。

 

人工添加物も不使用

 

量販店などで販売している市販のキャットフードは、酸化防止剤と言う発がん性のある物質をいれることで賞味期限を延ばしていることも少なくありません。

 

さらに、食いつきを良くしようと、香料が使われる事もあります。

 

 

挙句には、見た目を良くしようと着色料が使われる場合も・・・。


 

その点、モグニャンは安価なフードと比較しても、一切添加物が入っていないこだわりよう。

 

猫ちゃんの健康のことを考えてつくられているフードと言うことがいえますね。

 

高品質と安全性を兼ね備えている

 

飼い主としては、いつまでも猫ちゃんに長生きしてほしいと思いますよね。

 

そこで気になるのが原材料や成分。

 

  • 安全性は高いの?
  • 危険性はないの?

 

などが気になりますよね。

 

いくら新鮮な白身魚を使用しているとは言え、海外製品は国産に比べると品質が劣るようなイメージもあります。

 

そこで公式サイトを確認した結果、驚きの事実が判明したので紹介します。

 

モグニャンは、ペット先進国である「イギリス」で生産されています。

 

モグニャン

 

国産の方が品質管理や安全性も高いと考えてしまいがちですが、実はペットフードに関しては明らかに海外製品の方が品質は優れているんです。

 

ここ最近、日本でもペットブームにより品質の高い国産フードが出回ってきましたが、それでも海外製と比べると危険性が少ないとは言えません

 

さらにモグニャンキャットフードには、製品一つひとつに製造番号が付いているので商品を追跡することができるんです。

 

製造番号が付くことによって、生産日だけでなくどの原材料がいつ、どこから来たのかを完璧に把握することができます。

 

「安全としっかりした品質」があっての「健康」なので、安価なフードで体調不良の危険性が増えるよりも、飼い主としては安心して与えることができる方がいいのではないでしょうか。

 

 

page top