モグニャンは子猫に与えても大丈夫?給仕量は?

モグニャンは子猫に食べさせても平気?

モグニャン

 

獣医師もおすすめのキャットフード「モグニャン」。

 

モグニャンは、全猫種・全ライフステージに対応しているキャットフードですが、子猫に与えても大丈夫なのか心配な飼い主さんもいると思います。

 

そこでここでは

 

  • モグニャンを子猫に与えても大丈夫なのか
  • 与え方・給与量は?

 

など、飼い主さんの気になる疑問を解決していきたいと思います。

 

モグニャンは子猫に与えてもOK?

 

結論から言うと、モグニャンを子猫に与えても問題ありません

 

子猫は成猫に比べて、消化器官が未発達なためエサ選びは大切です。

 

モグニャンは、子猫に最適な

 

  • 高たんぱく質
  • グレインフリー
  • 無添加
  • 食べやすい大きさ

 

こられを満たしている「総合栄養食」です。

 

総合栄養食とは・・・

 

人間の食べ物で言えば「定食」のようなものです。

 

そのエサと水分だけで猫の健康を維持できるフードになります。

 

ちなみに「一般食」として記載されているフードは、人間の食べ物で言うと「おかず」です。

 

これでは栄養バランスが摂れません。

 

その点を考えても、モグニャンは子猫に最適と言えます。

 

モグニャンが子猫におすすめの理由

 

ここからは、モグニャンが子猫におすすめできる理由をお伝えしていきます。

 

子猫に必要な栄養素

 

猫ちゃんが実は「肉食動物」ってこと知っていましたか?

 

 

ちなみに犬は半肉食、半雑食の動物です。


 

猫は本来、ねずみや魚などを肉や内臓、骨まで丸ごと食べることで必要な栄養を補っています。

 

猫は動物性たんぱく質を摂取しないと、肝臓が正常に機能しません

 

草食動物は腸管が長いので、消化が悪い植物でも栄養にする事ができますが、猫は腸管が短いため消化ができず、十分な栄養を摂ることができません。

 

その点、肉は消化が良いので腸管が短い猫でも大丈夫。

 

つまり、猫ちゃんに合った食事を与えないと栄養が不足するだけでなく、胃腸にも負担がかかってしまうんです

 

猫ちゃんに必要な栄養素は

 

  • たんぱく質
  • 脂肪
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 炭水化物

 

などの5大栄養素と言われるものです。

 

この5大栄養素は、人間が生きていく上でも大切ですが猫ちゃんも同じ。

 

特に肉食の猫ちゃんにとっては、たんぱく質は絶対に摂らなければならない栄養です。

 

良質なタンパク質を高配合

 

モグニャンのメイン食材は、新鮮な白身魚を63%も配合。

 

モグニャン

 

タンパク質は筋肉や臓器、皮膚、被毛、血管などの体の基本構成成分で、体内でさまざまな働きをしてくれます

 

 

たんぱく質は体を成長させるうえで、毎日大量に消費されています。


 

さらに、「必須アミノ酸」を補うこともできるんです。

 

必須アミノ酸とは・・・

 

体内でつくることができないため、必ず食事から摂取しなければいけないアミノ酸のこと。

 

ですから、毎日の食事で良質なタンパク質とアミノ酸をモグニャンから摂ることは、子猫にとっては大切なことなんですね。

 

グレイン(穀物)フリー

 

上記でもお伝えしましたが、猫ちゃんの腸管は短いので穀物などの草食を消化するのは苦手です。

 

 

特に子猫の場合は、臓器が未発達なため気を付けなければなりません。


 

量販店で売られている安価なキャットフード場合、穀物がメインになっていることが多くあります。

 

モグニャン

 

これは、穀物で内容量を「かさ増し」することで、安価に販売することができるのです

 

飼い主さんが気を付けなければならないのはココです。安いからと言って飛びつくのではなく、しっかりと原材料の表示を見るようにしましょう。

 

子猫にとっては穀物の消化は臓器に負担をかける可能性があるので、できれば避けて頂きたい原料の一つになります。

 

また、高齢の猫ちゃんも体の機能が衰えているので、負担がかからないエサを与える事が大切です。

 

添加物フリー

 

モグニャンは、着色料や香料などの「添加物」を一切使わずにつくられています。

 

添加物は長期間品質を保持したり、食欲を増進させるために使われることが多くありますが、特に気を付けなければならないのが「着色料」。

 

私たち人間もそうですが、見た目が良いと美味そうに見えることがありますよね。

 

これは猫ちゃんも同じ。そして、この見た目をよくするのが「着色料」。

 

パッケージの表示のところに、たとえば「赤色102号」などと「○色○号」と記載されているのが着色料です。

 

この着色料に使われている原料の多くが石油からつくられる「タール系色素」。

 

このタール系色素は、発がん性やアレルギーを起こす危険があるので、諸外国では使用が禁止されているくらいです。

 

さらに子猫の場合、体が小さいため添加物を体外に排出したり、中和する能力が劣っているので気をつける必要があります

 

  • 高たんぱく質
  • グレイ(穀物)ンフリー
  • 添加物を不使用

 

など、モグニャンを子猫に与えても問題ないフードと言えますね。

 

子猫に与える給仕量は?

 

モグニャンは、子猫でも食べやすいように1粒の直径が約7mmと小さ目のサイズです。

 

モグニャン

 

では、子猫にモグニャンを与える場合、一回の給仕量はどのくらいでしょうか。

 

子猫の定義としては、生後1年未満の事を言います。

 

公式サイトを調べると以下のような給仕量になっています。

 

モグニャン

 

このように1日の給仕量が表記されているので、この量を目安に与えてください。

 

子猫の場合、1回で全部与えるのではなく、3回くらいに分けて与えるようにしましょう

 

ただ、仕事などで日中不在になる際は朝、晩の2回でも構いません。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

 

モグニャンは子猫にも最適な「高たんぱく質」「グレインフリー「無添加」と、スキがない商品です。

 

モグニャンは量販店で販売されているフードと比べると価格は高めですが、子猫の健康を考えることも飼い主の役目。

 

猫は食事を自分で選ぶ事ができません

 

飼い主が与えたエサしか食べられないので、猫の健康管理も飼い主の役目ではないのでしょうか。

 

 

 

 

参考サイト:にゃんぺディア

page top